FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
      

≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

確認(セカンドオピニオン)…覚悟

4月28日、セカンドオピニオンを申し込んでいた病院に行きそこの先生の意見を聞いてきましたが結果的には同じことを言われ手術をすれば、「ボ~~とポカン」として毎日を過ごすだけになり、今せっかく病気は膠芽腫ではあるがほとんどの事が自分で出来る状態なのだから後どのくらい時間があるのかは分からないが、今の体の状態をキープして(放射線+アバスチン、テモダール)で進行を遅らせる方が良いのではと言う意見でした、治療方法としてはほぼ同じ意見でしたが一つ注意されたのが今の主治医の先生が腫瘍の進行状況の判断をしているのがMRIの白く見える部分の様子と血流の状態を見て判断しているようですが、この診察だと放射線の影響で画像に映る場合があるので、何とか?ペット(聞いたのですがわすれてしまいました。すいません。)それも主治医の先生にしっかり送っておきますのでと言っていましたので先生には届いているはずなので安心していますけど次は5月6日いつもの病院でMRIの造影検査です。先生が紹介状をかいてくれればその何とかペットをを撮れば腫瘍がはっきり分かるそこに放射線をあて悪性腫瘍をやっつけるそうですがその時に副作用がでるようでそれをアバスチンでおさえるようです。



にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments (1) Trackbacks (-) | 未分類

検診日

今日。月1の検診日でMRIを撮って再発がないか画像検査のため病院に行って来ましたが私の心根としては自覚症状もほぼ無いこともあって半々かな、でも1度目の再発の時も気楽に思って受けたMRIに腫瘍が写っていましたし今度も、もしかしたらと思うこともあり1度目の時は再発のさの字も考えていなかったこともあって大どんでん返しでショックも大きかったのですが、今日言われた時は動揺も少なく受け止める自分が居ました。変な感覚なんですがこれで自分が進むべき方向がはっきりした。ちなみに今回は2ヶ所に腫瘍ができ右脳と脳の中央右脳と左脳の境目この腫瘍が問題で手術をするかしないか家族で考えて来てほしいと言われた、手術をしても延命期間が長く延びるとも言えないし、障害が出る確率がたかい、今の症状なら働ける期間も長いし、生きてる間は死なない限り家のローンも払い続けなくてはならないし、傷病手当も4月18日で満期になると通知が届き、現実問題、入院して手術して過ごしていれば毎月、社会保険料ほかもろもろでー6~7万ほど会社が立て替えてくれた分の支払い、かみさんには少しでも多く残してやりたいし、家族にはなるべく迷惑を掛けたくないと思っていてもかけざる負えなくなっていく来月5月6日に主治医以外の脳神経外科の先生にも相談したうえで今後の治療を決めたいので相談して方向性を出してほしいと言われたがどうしたものか?・・・
にほんブログ村

にほんブログ村

Comments (3) Trackbacks (-) | 未分類